平均年収トップは「投資銀行業務」

スポンサードリンク

良くも悪くも興味があったりする職種別年収などの類のランキング。

転職サービス「DODA(デューダ)」が職種別平均年収を調査したところ、58職種の頂点に立ったのは「投資銀行業務」とのこと。25〜29歳、30〜34歳、35〜39歳の3つの年代別調査で、投資銀行業務は全年代でトップの完全制覇。貴方は何を感じますか?以下、記事より

インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が、「職種別平均年収ランキング」を発表した。調査が行われたのは2006年1月から2007年9月で、「DODA転職支援サービス」登録者の給与データから、IT系、技術系、営業系、メディカル系、事務系など58職種を対象に平均年収を算出。ランキングは、25〜29歳、30〜34歳、35〜39歳の3つの年代別に発表された。

まず、目を引くのは、すべての年代でトップとなった「投資銀行業務」で、平均年収は、25〜29歳では577万円、30〜34歳では887万円、35〜39歳では1,281万円。続いて、やはり全年代で2位を獲得したのは、「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」で、1位と2位は投資関連の職種が独占した。以下、各年代のトップ5を見てみよう...



平均年収トップは「投資銀行業務」へのトラックバックURL



Copyright © 2014 平均年収トップは「投資銀行業務」:職業訓練学校に応募しよう!